iphone

他にもカメラが起動しなくなった、バイブレーター機能が働かず振動しないなども同様に、内部部品の故障である時がほとんどです。

少々のひびなら我慢して使用することもできますが、内部の液晶が衝撃によって液漏れを起こし、突然タッチできなくなる確率もあります。

電話の際に相手の声が聞こえない・音が出ないなどの不具合は、内蔵スピーカーの故障や内面ソフトウェアの一時的な動作不良が心積もりられます。

iPhoneの破損で最も多々あるのが、画面に傷やひびが入るといった画面損傷です。

画面をタッチしても、ホームボタンやスリープボタンを押しても反応しない時は、経年劣化による内部部品の故障が心積もりられます。

また、通話のケースに自分の声が相手に届かない、ボイスメモで録音したはずなのに音が入っていないといったケースは、マイクの故障かもしれません。

単に外観だけの問題ではない見込みがあると頭に入れておきましょう。
札幌 深夜 iphone 修理